データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

« 2020年7月 | メイン | 2020年9月 »

由利地域振興局/国道108号・小川地区のバイパス整備(8月31日)

=由利地域振興局=

次年度から路床盛土工などに着手

国道108号・小川地区のバイパス整備

 由利地域振興局建設部(所管:県道路課)は、国道108号の小川地区(由利本荘市鳥海町小川地内)で計画しているバイパス整備に関し、3年度は路体盛土工を継続して進めるほか、路床盛土工にも着手する方針だ。また、同年度以降は区間内に架設する橋梁の上部工で予算要望も行う。今年度は、延長192.4m区間で畦畔盛土や一部路体盛土工などを行う工事がまもなく落札決定するほか、延長610.3m区間で畦畔盛土などを行う工事を来月9日に開札する。

 計画は、国道108号の同地区内に架かる小川橋の前後が全幅6m(車道W5.5m)と狭く、直角カーブもあり危険なことから、同橋を迂回する形で延長890m、全幅9.5m(車道W6.5m)のバイパスを整備するもの。バイパス整備に伴い、新橋(L50m)の設置や取付道路230mの整備も行う。事業費は全体約7億8,000万円で、4年度の事業完了を目指している。

 まもなく落札決定する工事のうち、延長192.4m区間では畦畔盛土工(50㎥)や路体盛土工(2,800㎥)などを行うほか、新橋のA1橋台工も実施。9月9日に開札する工事では、用地補償と並行しながら、延長610.3m区間で畦畔盛土工(210㎥)や取付道路工(L74.9m)を行うほか、新橋のA2橋台工も実施する。

 今年度に実施する工事で畦畔盛土工は完了する見通しで、3年度は路体盛土工を継続して行うほか、同年度から路床盛土工へも着手したい考え。また、今年度の工事で新橋の下部工も完了することから、次年度以降は上部工の施工に向けた予算要望も行う。

補正予算(8月27日公表)

秋田市(9月補正予算)

八峰町(9月補正予算)

秋田市/9月補正に中学校エアコン設置費11.2億円(8月28日)

=秋田市=

9月補正に中学校エアコン設置費11.2億円

普通教室と職員室の計320室に

 秋田市教育委員会は、プロポーザルを実施中の小学校エアコン設置に続き、市内全中学校(23校)のエアコン設置に向け、9月補正予算案に11億2,665万円を計上した。令和4年6月の供用開始を目指す。事業方針や発注方式は正式に決定していないが、プロポーザルを採用する可能性もある。

 市は今年の6月議会ですべての普通教室等にエアコンを設置する方針を明らかにし、先行して小学校を来年6月1日に供用させるため、41校一括のメンテナンス付リース方式を採用し、公募型プロポーザルを実施、今月27日にはプレゼンテーションが行われている。小学校は普通教室(582室)と職員室(74室)が対象で、13年間(3年6月1日~16年3月31日)のメンテナンス付きリースとなる。

 中学校は全23校で、普通教室と職員室を合わせ320室が対象。11億2,665万円の補正予算を計上し、予算化されれば設計に入る。早ければ年度内(年度末)の着工を見据えるが流動的。なお、予算案で債務負担行為などは設定していない。

 来年夏の供用を目指す小学校に比べ、中学校の供用はさらに1年後で小学校に比べると期間的に余裕があるが、教育委員会では設計期間なども考慮し、3年度の当初予算ではなく今回の補正案に予算を計上した。エアコン設置工事は地元業者に発注される見通し。

補正予算(8月26日公表)

男鹿市(9月補正予算)

男鹿市/男鹿駅周辺整備(8月27日)

=男鹿市=

駐車場新設へ民有地取得

男鹿駅周辺整備

 男鹿市企画政策課は、推進している男鹿駅周辺整備事業に関し、駅前広場南側の民有地2筆(831㎡、1,656㎡)を取得して駐車場を新設するため、9月補正予算案に用地取得・建物移転補償費3,066万4,000円を計上している。予算化後は用地取得を進め、12月補正予算案に駐車場新設の工事費を計上する予定。また、今年度の当初予算分で未発注となっている電気・機械設備工事とBBQストレージ改修工事は来月中の発注を目指している。

 同事業は、道の駅「オガーレ」やJR新男鹿駅オープンに伴う新たな人の流れをつくり、中心市街地の賑わい・ふれあいを創出するため、男鹿駅周辺の未利用地を整備し、利活用を目指すもの。

 計画によると、旧JR男鹿駅周辺にはイベントなどに使える多目的広場や市民駐車場を設置する。平成30年に供用した現在のJR男鹿駅周辺には、子供が遊べる芝生わんぱく広場や、トラフィックターミナル、バス待合所・駐輪場などを整備する。また、チャレンジ広場として既存のBBQストレージを改修し、飲食できるスペースとして活用するほか、駅周辺の市道を拡幅改良する。

 今年度は、既存建物・構造物撤去、バス待合場・駐輪場建築、トラフィックターミナル整備、広場整備を推進している。

 今後、発注する電気・機械設備工事は、外灯や広場全体の電気、給排水設備を設置する。BBQストレージは、外部・内部ともに改修する。

 来年度は、旧男鹿駅周辺の整備で多目的広場、市民駐車場を整備するほか、市道拡幅を実施し、事業完了を目指す。

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ