データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

« 2021年2月 | メイン | 2021年4月 »

国土交通省/3年度予算配分(3月31日)

=国土交通省=

大覚野峠に直轄事業で新規着手

地質調査・測量費など盛る

 国土交通省は、同省3年度予算の配分を発表した。本県の道路改築では、国で調査を進めてきた国道105号の大覚野峠に国直轄事業として着手する。3年度予算では1億円が配分され、地質調査や測量を委託する。本県関連の道路事業ではこのほか、国道7号遊佐象潟道路に44億5,000万円、同二ツ井今泉道路に43億6,000万円、国道13号横堀道路に28億3,300万円を配分。ダム事業では成瀬ダムに232億3,600万円などを充てる。

 道路局事業のうち、大覚野峠の整備は、仙北市西木町上桧木内~北秋田市阿仁比立内までの延長12.5km。トンネル6本や橋梁8橋の新設などを行う(詳細は本紙22日付4面参照)。地すべりや雪崩・落石などによる通行止めに対し、災害に強いネットワークを確保する。

 遊佐象潟道路では、発注済みの道路改良のほか、WTO案件の奈曽川橋上部工、用地補償などに充てる。二ツ井今泉道路では発注済みのトンネル(第1、第2)のほか、今泉地区道路改良工事、今泉地区函渠工工事を推進。横堀道路では、WTOで役内川橋上部工工事を発注する。また、真室川雄勝道路には8億円を充て、調査設計、用地補償、改良・橋梁工事を実施する

 道路の交通安全対策は17カ所が対象。二ツ井白神IC~国道7号で行う能代地区線形改良に13億8,000万円を充てるほか、新規事業として沖谷地交差点改良(八郎潟町)、荷上場地区交差点改良(能代市)にも着手する。醍醐歩道(横手市)などの歩道整備や、刺巻(仙北市)、荒川(大仙市)の線形改良も推進。電線共同溝整備は長倉(大館市)、土崎南(秋田市)、新規の、有浦地区など6カ所で実施する。

 また、道路の補助事業では、秋田港アクセス線(秋田市)、三本柳工区(横手市)といった道路改築事業のほか、土砂災害対策や無電柱化推進事業、橋梁の長寿命化などに事業費を配分した。

2021_jigyou_baner

秋田市/市内コミュニティセンターの整備(3月30日)

=秋田市=

コミセン改修で新年度は泉地区を発注

改築は上北手で造成や水路入替

 秋田市生活総務課は、市内にあるコミュニティセンターの整備で、新年度は泉地区の大規模改修工事を発注するほか、上北手地区の改築に向けた用地造成、水路入替を実施する。泉地区の工事費は早ければ6月補正予算案に計上し、年度後半に発注される予定。また、上北手コミセンの建設地造成工事は4月中旬または下旬に公告する見通し。

 市は今年度、市内のコミュニティセンターで泉地区(泉北1-20-27)、明徳地区(手形住吉町2-27)、大住地区(大住南二丁目7-24)、楢山地区(楢山南中町1-9)を対象とした劣化度調査を実施。整備の要望の強い泉地区を先に改修することとし、6月補正予算案に工事費を計上したい考え。

 泉地区コミセンは平成2年度に建設された鉄筋コンクリート造2階建て、延べ床面積1,107.6㎡の施設。和室や会議室、調理室、多目的室、談話室、多目的ホールで構成されている。

 市内にあるコミセンのうち、直近で大規模改修が行われたのは、平成29年に発注した外旭川地区。内部改修、外部改修、設備更新などが行われた。今回の泉地区も同様の工事となる見通し。

 一方、改築に向けて建設地の造成などを行う上北手地区コミュニティセンターは、平成25年度に地域センターからコミセンに移行した施設。木造平屋建て、床面積339.52㎡で、和室や調理室、多目的ホールからなる。

 令和4年度で建築から30年を経過するため建て替えが必要となっているほか、現在地が土砂災害の警戒区域にもなっているため、近隣に移転改築する。建設地はJA秋田なまはげ直売センター「いぶきの里」の隣にある水田2枚分(1,845.87㎡)。

 今年度で用地買収を終えており、3年度は用地造成を4月中に公告する予定。また、建設地の市道側にある水路が開渠となっているため、延長約37m規模の可変側溝工も行う。3年度はこのほか、構造設計および省エネ法評価業務も秋頃に委託する。

 上北手コミセンの新施設は木造平屋建て、床面積約500㎡を予定。和室や談話コーナー、多目的ホール、事務室、調理室などで構成する。改築工事は4年度と5年度の2カ年継続工事として発注する。

 なお、市内のコミセン改築では昨年12月、下北手地区コミュニティセンターが開館している。

Photo_2【大規模改修が行われる泉地区コミセン】

東北農政局/あいののダム技術協力は清水建設(3月29日)

=東北農政局=

あいののダム技術協力は清水建設

2例目となるECI方式

 東北農政局は、旭川農業水利事業で計画しているあいののダム改修に関し、技術協力業務の優先交渉権者を清水建設に特定した。同局2例目となるECI方式で実施。今後、実施設計のNTCコンサルタンツとパートナーシップを組みながら、改修計画の照査などを行い、設計をまとめる。工事には4年4月から着手し、7年3月の完了を目指す。

 あいののダムは昭和36年に完成した均一型フィルダム(堤高40.8m、堤長132.9m、堤体積293,000㎥、総貯水量3,570,000㎥、有効貯水量3,560,000㎥、洪水吐・竪孔型13.02㎥/秒、取水施設・独立型取水塔式2.01㎥/秒)。改修工事はECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)方式で堤体や取水塔の耐震補強を実施。施工者の技術力を設計内容に反映させ、コストの削減や工期の短縮を図る。

 なお、現在、抱返頭首工の改修事業(田沢二期農業水利事業)においてもECI方式で進めている。

 また、関連して工事用道路の設置や導水隧道の補修も行う。このうち、工事用道路設置は3年度に残整備(L約200m)を実施する見通しで、工事は7月頃に公告する。また、導水隧道の補修は5年度以降の実施となる予定。

Photo【改修が行われるあいののダム】

男鹿市/本庁舎大規模改修(3月26日)

=男鹿市=

3件を4月に公告、6月着工へ

2カ年で本庁舎を大規模改修

 男鹿市財政課は、市役所本庁舎(男鹿市船川港船川字泉台66-1)の大規模改修を計画し、4月に建築、電気、空調の3件で公告する方針。事業費3億7,850万円は当初予算で確保済みで、6月から着工する予定。3年度は天井などの内部改修、照明施設LED化と配線、空調設備では換気などを行う。

 メインとなる空調設備では、ガスヒートポンプ(GHP)と電気モータヒートポンプ(EHP)を併用し、総計100基程度の導入を予定している。修正設計は草階建築創作所がまとめた。

 4年度で事業完了を予定、2カ年で総額約7億円を見込んでいる。4年度は外壁を対象に、防水工事や塗装工事などを実施する予定。

 既存の本庁舎は、昭和49年に建設された鉄筋コンクリート一部鉄骨造5階建て、延べ床面積6,940.2㎡の施設となっている。

 なお、本庁舎に関しては、平成25から26年度に耐震補強を実施済み。

(株)新昭和/旧金萬ボウリング跡にマンション建設を計画(3月25日)

=(株)新昭和=

旧金萬ボウリング跡にマンション建設を計画

ユナイテッド計画で旧建物の解体に着工


 株式会社新昭和(千葉県君津市東坂田4-3-3、松田芳彦代表取締役会長)は、秋田市中通四丁目にある旧マルトヨビル(旧金萬ボウリングセンター)を解体し、跡地に分譲マンションの建設を計画している。今月に入ってから解体工事に着工しており、約半年をかけて解体する。計画しているマンションは、自社ブランドの「ウィザースレジデンス」になる予定。

 同社は戸建住宅・分譲マンション・リフォーム、不動産・大規模建設などを手がけており、マンション事業では千葉県や仙台市で分譲マンション「ウィザースレジデンス」、盛岡市で「ザ・ファーストシティ」を展開している。

 秋田市民市場の斜め向かいにある旧マルトヨビル(秋田市中通4-304、308)は、鉄筋コンクリート造亜鉛メッキ鋼板葺4階建て、延べ床面積約5,704㎡(1F約1,366㎡、2F約1,414㎡、3F約1,472㎡、4F約1,452㎡)。最近までは居酒屋などが入居していた。

 今月に入ってから、ユナイテッド計画の施工で解体工事に着工、当面の間は夜間の片側交互通行にする。裏手にあった民間駐車場の解体はすでに終えており、今後、建物を約半年かけて解体する。

 建設するマンションは同社の自社ブランド「ウィザースレジデンス」で、鉄筋コンクリート造の10数階建てとなる。現在は仙台市の業者が設計を進めているほか、複数の業者に施工の見積りを徴取中。同社は「解体工事が終われば早期に着工したい」としているが、現時点で具体的な時期についてはコメントできないとしている。

Photo【解体工事に着工した旧マルトヨビル】

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ