データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

« 2021年6月 | メイン | 2021年8月 »

県教育庁/金足農業・湯沢・栗田支援学校整備(7月30日)

=県教育庁=

基本・実施設計をプロポで公告

金足農業・湯沢・栗田支援学校整備

 県教育庁総務課施設整備室は29日、金足農業高等学校、湯沢高等学校、栗田支援学校整備の基本・実施設計を条件付公募型プロポーザルで公告した。いずれも3者構成のJVが対象で、動線や教育活動に必要な機能、長寿命化などについて提案を求める。9月30日に金足農業、10月1日に残りの2校のヒアリングを実施し、委託候補者を決定する。工事費は金足農業が約71億5,600万円、湯沢が約56億4,100万円、栗田支援が約31億9,300万円。

 金足農業高等学校(秋田市金足追分字海老穴102-4)では、校舎・管理棟(7,708㎡)、第二体育館・総合武道場(2,507㎡)、セミナーハウス(680㎡)、農業センシング管理棟(1,442㎡)など計14,349㎡を新築。既存の実験実習棟(2,523㎡)と第一体育館棟(1,600㎡)は改修して活用する。工事費は、既存施設解体(計11,390㎡)も含め約71億5,600万円を見込み、工期は5年度から10年度までを予定。

 湯沢高等学校(湯沢市字新町27)では、校舎・管理棟(7,889㎡)、第二体育館・武道場(1,819㎡)など計10,127㎡を新築するほか、既存の第一体育館棟(2,227㎡)の外壁、屋根塗装を実施する。工事費は約56億4,100万円(既存施設解体〔計10,977㎡〕含む)。5年度から着工し、10年度の完了を目指す。

 栗田支援学校(秋田市新屋栗田町10-10)は、小学部(校舎棟RC2F2,643㎡、体育館棟RC1F343㎡)、中・高等部(管理棟RC2F3,559㎡、作業棟RC1F1,157㎡、体育館棟RC1F708㎡)、寄宿舎棟(RC1F1,692㎡)などで構成され、同校の向かいにある旧秋田養護学校校舎を第二校舎(高等部職業学科棟RC1F1,578㎡)として使用している。

 整備では、小学部校舎棟で長寿命化改修を行うほか、高等部職業学科棟を小学部棟隣接に移築する。また、中・高等部の管理棟・作業棟・体育館棟、寄宿舎棟の外壁・屋根・内装改修、小学部棟職員室(1,179㎡)と寄宿舎棟厨房(622㎡)の増築も計画している。工事費は約31億9,300万円(既存施設解体〔計9,759㎡〕含む)、工期は5年度から8年度まで。

Photo_2【建て替えが行われる金足農業高校】

補正予算(7月28日公表)

八郎潟町(7月臨時補正予算)

大館市/新斎場の建設地で用地・現地測量(7月29日)

=大館市=

新斎場の建設地で用地・現地測量

来年度の用地補償に向け実施

 大館市市民課は、新斎場建設に関して、建設地の用地補償に向けた用地・現地測量を8月20日に開札する。建設地は小柄沢墓園入口から東に進んだ民有地(大館市柄沢字丸山下)を予定している。新斎場の建設・運営等についてはプロポーザルを想定。今年度で発注方式などの詳細を詰めるほか、9月には地質調査も公告する。4年度は用地補償や基本設計に着手、5年度に実施設計を行う。6・7年度に造成や建築工事を実施し、8年度の供用開始を目指す。

 小柄沢の小柄沢墓園内にある現斎場は、昭和54年に建設された施設(RC1F一部2F881㎡)で、火葬炉4基と待合室3室などからなる。供用開始から42年を経過し、これまでは大規修繕などで対処してきたが、修繕費がかさんでいた。

 市では建て替えと改修の両案を検討してきたが、現斎場が新耐震基準に適合していないことや、現在地が土砂災害警戒区域になっていること、工事中も火葬を稼働させる必要があることなどから、移転改築することになった。

 新建設候補地は4カ所に絞り込んで検討していたが、交通の便が良く、土砂災害警戒区域からも外れた小柄沢墓園入口付近を選定した。新施設は1,500~1,800㎡規模で、火葬炉5基程度を想定しており、来年度から着手予定の設計で詳細を検討する。

 なお、建設地裏手にある小柄沢山では、土砂の流出を防ぐため、県が今年度から治山ダムの建設工事に着手する。全体で5~6基の治山ダムを設置する予定で、渓流調査と実施設計は秋田県林業コンサルタントが担当した。今年度は治山ダム工1基を8月3日の開札で公告しており、同月下旬~来年1月の工期で実施する。Photo 【老朽化が進む現在の大館市斎場】

県教育庁/大曲高等学校の建て替え(7月28日)

=県教育庁=

校舎棟建築は18.6億円で荒屋鋪JVが落札

大曲高等学校の建て替え

 県教育庁総務課施設整備室は、大曲高等学校の建て替えに関し、このほど校舎棟(RC3F7,557.73㎡)の建築工事を開札、18億6,000万円で荒屋鋪・丸茂・興栄・さとう特定建設工事JVが落札した。9月議会での工事契約承認を経て着工し、5年6月30日の完成、供用開始を目指す。なお、機械設備と電気設備については8月下旬から9月上旬の間に公告し、10月以降に着工する。

 大仙市大曲栄町にある現在の大曲高校は、普通教室棟(RC3F1,834㎡)、管理・特別教室棟(同4F3,199㎡)、普通・特別教室棟(同3F2,221㎡)、図書・視聴覚室棟(同2F588㎡)、第一体育館(S1F1,587㎡)のほか、音楽室棟、格技場、セミナーハウス、部室、第二体育館、トレーニングルーム、プール、自転車置き場などで構成。

 普通教室棟や管理・特別教室棟、体育館などの主要施設は、昭和40年代半ばに建築され、著しく老朽化しているため、全面改築する。基本・実施設計はコスモス・小畑・花田設計共同企業体が実施した。

 新校は、校舎棟(RC3F7,557.73㎡)のほか、第一体育館・武道場棟(2,667㎡)、セミナーハウス(450㎡)、外倉庫・ゴミ置き場(125㎡)、運動部室(300㎡)、駐輪場・屋外ステージ(580㎡)、屋外トイレ(30㎡)、第二体育館(998㎡)、トレーニングセンター(159㎡)で構成。このうち、第二体育館とトレーニングセンターは既存施設を改修して使用する。

 今後は、第一期解体工事(格技場、セミナーハウス、プール、プール付属室)をまもなく契約するほか、落札が決まった校舎棟建設には10月以降に着工し、5年6月30日の完成を目指す。5年度は第一体育館・武道場棟の建設、既存校舎施設の解体などを実施。6年度は渡り廊下(1)を建築するほか、既存第一体育館・自転車置き場の解体に着手する。

 7年度は第二体育館・トレーニングルーム改修や渡り廊下(2)(3)の建築を行うほか、同年度末にセミナーハウス、用具室・部室・屋外トイレ、駐輪場を建設し、校舎解体跡地に屋外運動施設(陸上競技場、テニスコート、テニス用具庫)を整備。8年度の事業完了を目指す。

横手市/横手市民会館・体育館の移転新築(7月27日)

=横手市=

基本計画策定支援を山下設計と契約

横手市民会館・体育館の移転新築

 横手市経営企画課は、横手市民会館と横手体育館の移転新築に関し、公募型プロポーザルで選定を進めていた基本計画策定支援業務の最優秀提案事業者を山下設計に特定、26日に契約した。4年1月28日の履行期限で進める。プロポーザルでは、昨年度に策定した基本構想の内容を踏まえたうえで、横手市の特性や多様化するニーズなどを理解した提案を求めた。

 現在の横手市民会館(南町13-1)は昭和43年に建設された延べ床面積3,357.75㎡の施設で、ホール(928席規模)やリハーサル室、会議室などがある。また、横手体育館(条里2丁目2-40)は昭和54年に建設された延べ床面積4,519.75 ㎡の施設で、大体育館(バスケットボールコート2面)、中体育館(ミニバスケコート1面未満)、小体育館(卓球4面)などで構成されている。

 基本構想によると、市民会館は条里地区(現横手体育館周辺)に4,000~5,000㎡規模での建設を想定。1,000~1,500席の観客席数を備えた大ホールや、小ホール機能を兼ねたリハーサル室の設置などを検討している。

 また、赤坂総合公園内(赤坂富ケ沢)に建設する予定の体育館は10,000~12,000㎡規模で、バスケットボールの公式コート3面が設置できる広さを確保したメインアリーナや、同コート1面が設置できるサブアリーナの設置などを検討している。

 両建設地の測量や地質調査は近く契約する見込み。また、現施設のアスベスト調査も予定しており、9月頃に公告する見通し。基本計画は年度内に策定し、4年度に基本・実施設計を実施。5年度半ばの着工、7年度の完成を目指す。

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ