データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

« 2021年8月 | メイン | 2021年10月 »

千秋久保田町地区再開発ビル建設協/旧ホテルハワイ解体で現場が始動(9月30日)

=千秋久保田町地区再開発ビル建設協=

旧ホテルハワイ解体で現場が始動

来年6月頃までかけて廃墟を解体

 株式会社タカラレーベン東北が代表者となっている秋田市千秋久保田町地区再開発ビル建設協議会は、旧ホテルハワイ駅前店解体工事に10月から本格着工する。跡地にマンションを建設する同計画の総事業費は約48億5,000万円。交付予定の補助金は18億8,805万円で、秋田市は3分の2にあたる12億5,870万円(国費、県費含む)を補助する。タカラレーベン東北は、契約済みの解体施工者について「公表を控えたい」と話しており、新築の施工者も未定としている。

 秋田市千秋久保田町にある旧ホテルハワイ駅前店は、JR秋田駅前の老舗ビジネスホテルだった施設。登記上の施設規模は、昭和47年に新築された南側の棟が鉄筋コンクリート造11階建て、延べ床面積4,426㎡、昭和51年に建設された北側の棟が鉄骨鉄筋コンクリート造10階建て、延べ床面積2,663㎡。

 平成21年に閉店し、昨年1月にはタカラレーベン東北(宮城県仙台市青葉区中央2-2-10、原忠行代表取締役)が同跡地を取得。建物や敷地を適正に管理するため、同年11月には仮囲いも設置した。

 秋田市によると、解体跡地には鉄筋コンクリート造20階建て、住戸数133戸の新しいマンションを建設。今年度と4年度で旧ホテルハワイを解体し、マンション建設には4年度に着工、5・6年度で建設する予定。計画期間は6年10月まで。

 総事業費は約48億5,000万円で、調査設計に約2億2,000万円、建物の解体や整地に約5億2,000万円(うち解体費約4億6,000万円)、建設工事に約40億6,000万円がかかる。

 事業に対しては18億8,805万円の補助金が交付され、秋田市はこのうち3分の2となる12億5,870万円(国費6億2,935万円、県費1億8,880万5,000円、一般財源4億4,054万5,000円)を補助。今年度は調査設計や既存建築物撤去に4億140万円、4年度は既存建築物撤去とマンション新築に1億2,180万円、5年度と6年度は同新築に7億3,550万円(5年度3億1,790万円、6年度4億1,760万円)を補助する予定。

 今月28日には解体に先立ち、水道や下水道、ガス管の切り離し作業が行われており、遺跡調査などを経て10月から本格的に解体へ着工する。解体工期は来年6月頃まで。

 なお、再開発ビル建設協議会はタカラレーベン東北のほか、補助金を活用した再開発のコンサルティングなどを手がけるヤマウラコンサルタント(長野県)で構成している。

Photo_2【解体に向けた作業に着手した旧ホテルハワイ駅前店】

男鹿市/船越こども園(仮称)の基本設計(9月29日)

=男鹿市=

スターパイロッツ・村田弘JVを選定

船越こども園(仮称)の基本設計

 男鹿市健康子育て課は、旧ジョイフルシティ男鹿跡地の一部(約7,000㎡)に建設する保育所型認定こども園「船越こども園(仮称)」に関し、基本設計プロポーザルの委託候補者としてスターパイロッツ・村田弘建築設計事務所JVを選定した。契約後は2月末の履行期限で基本設計をまとめる。来年度は実施設計を進め、5年度の着工を目指す。建設用地については測量設計がまとまった後、取得へと準備を進め、12月議会での承認を目指す。

 計画は、船越、五里合、若美南、玉ノ池の4保育園を統合し、船越地区に保育所型認定こども園を新設するもの。園舎(定員250人)や園庭、駐車場(保護者用30台、障害者用2台、職員用60台)などを整備する。事業費上限は約12億円で、6年4月の開園を目指している。

 なお、既存の船越保育園(平成15年建設W1F1,106.96㎡、船越字本町9-1)、五里合保育園(平成27年S2F728.61㎡、五里合神谷字下石27)、若美南保育園(平成元年建設W1F779.47㎡、払戸字渡部13)、玉ノ池保育園(昭和58年建設W1F301.26㎡、野石字玉ノ池1-483)については、統合後の施設活用や譲渡、解体も含め、今後のあり方を検討していく方針。

Photo 【船越こども園(仮称)の建設用地】

湯沢市/道の駅おがちのリニューアル(9月28日)

=湯沢市=

基本計画策定支援を今週中に指名通知

道の駅おがちのリニューアル

 湯沢市は、計画している道の駅おがち「小町の郷」(小野字橋本90)のリニューアルで、基本計画の策定支援業務を今週中に指名通知する方針。県内に事業所のある業者が対象。10月上旬に入札し、同月中に契約する。基本計画には事業費や事業スケジュール、概算工事費などを盛り込む予定。計画は年度内に策定し、3月議会に報告する見通し。

  道の駅おがちは、平成10年に建設された鉄骨造2階建て、延べ床面積1,449.48㎡の施設。建設から20年以上が経過しており、7年度の横堀道路開通に合わせ、より使いやすい施設にリニューアルする。

 今年度は基本構想を内部で策定済みで、事業内容のほか「人と人とが交流できる拠点づくり」「来訪者が利用したくなる拠点づくり」「にぎわいが生まれる拠点づくり」など、リニューアルのコンセプトをまとめている。

 また、事業では防災機能の強化、道の駅へのアクセス性向上のための市道新設なども計画され、防災機能強化は総務課、市道新設は建設課で進められる予定。道の駅リニューアルは観光・ジオパーク推進課で実施する。4年度からは各担当課で設計や工事を進める。

Photo【リニューアルが計画される道の駅おがち】

由利地域振興局/県道鳥海矢島線・中直根工区改築(9月27日)

=由利地域振興局=

来年度はバイパス部全線の舗装工

県道鳥海矢島線・中直根工区改築

 由利地域振興局建設部は、県道鳥海矢島線・中直根工区改築(バイパス築造、現道拡幅)に関し、来年度は施工中のバイパス部(L1,460m)全線で舗装工を発注する方針。5年度からは現道すりつけ部(L340m)の建物移転補償などを進めた後、拡幅工事に着工する。

 県道鳥海矢島線は、国道108号と県道仁賀保矢島館合線を結ぶ、鳥海国定公園を中心とした周辺観光施設へのアクセス性向上に寄与する路線。現道は家屋が連担しており、幅員狭あい(最小W4m)や線形不良などで大型車両の通行に支障をきたしている。

 整備では、延長1,800m区間のバイパス築造や、起点(鳥海方面)と終点(矢島方面)の現道すりつけ部分で拡幅を行う。総事業費は約9億2,000万円を見込んでいる。

 バイパス部の延長1,460mでは、盛土工を矢島建設と山科建設の施工で進めている。来年度は全線の舗装工を行い、バイパス部の整備を完了する予定。現道すりつけ部についてはバイパス部の整備が完了してから着手し、10年度の完成を目指す。

秋田市/千秋美術館の改修を計画(9月24日)

=秋田市=

千秋美術館の改修を計画

2階展示室や1階ロビーで実施へ

 秋田市立千秋美術館(中通2-3-8)は、同美術館の2階展示室や1階ロビーを中心とした改修を計画。予算が確保できれば4年度から着工したい考え。同施設は、見直し中の秋田市公共施設等総合管理計画の中でも、計画的な改修が必要な施設とされている。工事は一式で議会承認案件となる可能性もあり、5年度までかけて施工する計画。

 千秋美術館の前身は、昭和33年に設立された「秋田市美術館」。現在の美術館は、平成元年に開館した秋田総合生活文化会館・美術館(愛称:アトリオン)内に開館後、30年以上を経過し施設や設備の老朽化が進んでいる。

 岡田謙三記念館も併設されている同施設の延べ床面積は4,804㎡。1階は美術館ロビー、2階には企画展示室や常設展示室2室など、3階には学芸員室や講堂などが配置されている。

 改修工事は1階ロビーと2階展示室を中心に計画。老朽化した電気設備の更新(照明LED化など)や衛生設備の更新(トイレや配管)のほか、1階ロビーの建築改修も予定している。

 市では現在、秋田市公共施設等総合管理計画(平成29年度~令和8年度)の中間年度見直し作業を進めており、「博物館等・図書館」の施設に分類している千秋美術館については、老朽化が進んでいるため「施設設備の計画的な改修が必要」としている。

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ