データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

« 補正予算(11月29日公表) | メイン | 県教育庁/大森・大髙JVが4.4億円で落札(12月1日) »

東北地方整備局秋田河川国道事務所/河川激甚災害特別緊事業(11月30日)

=東北地方整備局秋田河川国道事務所=

最終4年度は向野地区を重点整備

新波、左手子、種沢の築堤も

 東北地方整備局秋田河川国道事務所は、雄物川下流で進めている河川激甚災害特別緊急事業に関し、事業期間の最終年度となる4年度は向野地区で築堤や用水樋門1基、排水樋門2基、陸閘1カ所を発注するほか、新波地区、左手子地区、種沢地区の築堤も行う。一部の工事については政府の今年度補正予算案で配分があれば、早期発注も視野に入れている。

 雄物川下流で行われている激特事業は、約114億円の事業費で銅屋、平尾鳥、戸草沢、種沢、戸賀沢、川崎、左手子、向野、新波地区の輪中堤整備などを行うもので、4年度の完成を目指している。今年10月1日時点の事業進捗率によると、事業費ベースで68%、堤防・構造物設計が90%、用地調査が100%、用地補償が面積ベースで95%、堤防・構造物工事が28%となっている。

 来年度は堤防の築造が未着手となっている向野地区の整備を重点的に実施。延長1,300mの輪中堤のほか、用水樋門1基、排水樋門2基、陸閘1カ所を整備する。4,500mの連続堤防を築造する新波地区の整備も重点的に行う。左手子地区では輪中堤の築造を進めるほか、排水樋門の工事も行う。このほか、種沢地区の輪中堤も発注する予定。

 なお、同事業におけるWTO案件では、9月に新波川排水樋門ゲート設備新設工事(扉体5門、戸当り、開閉装置や、操作制御設備、電源設備など)をIHIインフラシステムに発注しているほか、来月8日には種沢排水樋門工事を開札。種沢排水樋門は、市管理河川の畑沢川と雄物川の合流部(秋田市雄和種沢)に1基を新設する。

イベント・刊行物案内

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ