データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

« 2021年11月 | メイン | 2022年1月 »

由利本荘市/東中学校区統合小の設計プロポ(12月29日)

=由利本荘市=

草階JVと3,839万円で契約

東中学校区統合小の設計プロポ


 由利本荘市教育委員会は28日、指名プロポーザルを実施した本荘東中学校区統合小学校(石沢小、小友小、子吉小、尾崎小一部統合)の基本設計を草階・あいば・村上設計共同企業体と3,839万円(税込)で契約した。来年度は造成工事に着工するほか、実施設計を随意契約で委託し5年度にかけてまとめる。本体建設工事は6・7年度の2カ年で行い、8年4月の開校を目指す。

 事業は石沢、小友、子吉、尾崎(一部)の4小学校を統合し、本荘東中学校近くに統合校を新設するもの。

 建設地は薬師堂字一番堰の水田約4ha。市道松街道線を挟んで本荘東中の西側で、TDKや同市などが行う官民連携事業「一番堰地区まちづくりプロジェクト」の事業エリア南側にあたる。

 新校は鉄筋コンクリート造、延べ床面積約8,800㎡を見込んでいる。階層については現時点未定で、委託した設計で詰める。基本設計の履行期限は来年10月29日。その後、実施設計の随意契約を基本設計の請負業者と締結し、11カ月程でまとめる。

 現在は、建設地の農振除外手続き中で、許可が下り次第、用地買収に着手する。用地買収の進捗を見ながら、造成工事の発注事務を進める。早ければ年度末、遅くとも来年農繁期前までに造成工事を契約し、稲刈り後に本格化(砂入れ等)させる見通し。本体建設工事は6・7年度の2カ年で実施し、8年4月に開校する予定。

洋上風力発電事業者選定/由利本荘市沖はウェンティ・ジャパンが参画(12月28日)

=洋上風力発電事業者選定=

本県3海域いずれも三菱商事グループ

由利本荘市沖はウェンティ・ジャパンが参画

 洋上風力発電事業の「整備促進区域」として発電事業者の選定が注目されていた「能代市、三種町及び男鹿市沖」「由利本荘市沖(北側・南側)」の3海域で、いずれも三菱商事グループのコンソーシアムが選定された。県内企業ではウェンティ・ジャパン(秋田市)が由利本荘市沖に参画している。県内では同じく促進区域の「八峰町及び能代市沖」で事業者公募が始まったほか、有望区域の「男鹿市・潟上市及び秋田市沖」についても整備促進区域の指定が期待されている。

 能代市、三種町及び男鹿市沖の発電事業者は三菱商事エナジーソリューションズ、三菱商事、シーテックで構成する「秋田能代・三種・男鹿オフショアウィンド」、由利本荘市沖の2海域は三菱商事エナジーソリューションズ、三菱商事、ウェンティ・ジャパン、シーテックで構成する「秋田由利本荘沖オフショアウィンド」を選定。事業者には国から基地港湾の埠頭が貸し付けられ、最長30年にわたり海域を占用して発電事業を展開できる。三菱商事グループは、3海域と同じ日に事業者選定された「千葉県銚子市沖」と合わせ、今回公募された国内4海域すべてで発電事業者となる。

 選定では価格点(売電価格)120点満点、事業の実現性に関する要素120点満点の計240点満点で評価。今回、選定された事業者は、公募時に「上限29円」と設定されていた電力の売電価格について、能代市、三種町及び男鹿市沖を「13.26円/kWh」、由利本荘市沖を「11.99円/kWh」とし、上限価格を大幅に下回る価格で提案した。

 このうち能代市、三種町及び男鹿市沖には5事業者の公募占用計画の提出があり、「秋田能代・三種・男鹿オフショアウィンド」は、評価点の2項目(価格点、事業実現性に関する得点)でともに最高値(このうち価格点は満点の120点)を獲得、合計点208点で選定された。2海域一括提案で5事業者が公募した「由利本荘市沖北側」「同南側」についても、「秋田由利本荘沖オフショアウィンド」は価格点が満点(120点)で最高値、事業実現性に関する得点も2位となり、合計点202点で他の4事業者に差をつけての選定となった。三菱商事グループは、「千葉県銚子市沖」でも価格点が満点評価を受けており、評価点の半分を占める「価格点」の高評価(売電価格の安さ)が、事業者選定に大きく影響したことになる。

 建設される風車はいずれも着床式。能代市、三種町及び男鹿市沖の事業者となった秋田能代・三種・男鹿オフショアウィンドの計画は478,800kW (12,600kW×38基、GE製)で、約33万世帯の電力需要を賄える規模。運転開始時期は令和10年12月を予定している。秋田由利本荘オフショアウィンドの計画は819,000kW(12,600kW×65基、GE製)で、約60万世帯の電力需要を賄える規模。運転開始予定時期は令和12年12月を予定している。

 なお、本県沖では今年9月13日、「八峰町及び能代市沖」を促進区域に指定したほか、新たな有望な区域として「男鹿市、潟上市及び秋田市沖」を追加。このうち八峰町・能代市沖では今月10日、再エネ海域利用法に基づく事業者公募を開始しており、23日には公募に関する説明会も開催している。

由利本荘市/矢島浄水場建設(12月27日)

=由利本荘市=

来年度は配水場新設など発注

矢島浄水場建設

 由利本荘市鳥海・矢島上下水道事務所は、今年度から3カ年で整備を行う矢島浄水場建設事業に関し、来年度は建設中の浄水場本体の電気設備のほか、配水場新設、管路布設を発注する方針。このうち、配水場新設では配水池(PC造2,000㎥)、計量室、場内土工、場内配管、動力計装設備などを建築・電気・機械の3工種で発注する予定。

 計画は、老朽化した上野浄水場に代わる新たな浄水場を花立浄水場付近に新築し、矢島地域にある3浄水場(花立、元町南、上野)を統合するもの。新浄水場は花立貯水池を水源地とし、1日計画浄水量は3,080㎥。鉄筋コンクリート造1階・地下1階建て、延べ床面積1,086.11㎡で、浄水処理方式は膜ろ過方式。

 整備は、浄水場本体工事のほか、配水場の新設や導水管、送・配水管の布設も行うもので、総事業費は約35億円となっている。

 来年度に新設する配水場は、配水池(PC造2,000㎥)、計量室(RC1F・B1F96.84㎡)、場内土工(整地、As舗装、排水、水路改良、表層改良)、場内配管(ウェイト閉鎖式緊急遮断弁φ150×0.2kW、DIP-GX、SGP-NC、φ150、φ200)、動力計装設備(計装盤、緊急遮断弁盤、水位計収納盤、水位計、配水流量計)、上野配水場動力計装設備(計装盤、水位計収納盤、水位計、坂ノ下配水流量計、川辺・木在配水流量計)、門柵工(スライド式門扉W4×H1.8m、片開き門扉W1m×H1.8m、忍返し付フェンスSP1.2m×H1.8m)を予定している。

秋田地域振興局/金足西部農地集積に補正7.2億円(12月24日)

=秋田地域振興局=

金足西部農地集積に補正7.2億円

東部は7億円、3月めどに公告

 秋田地域振興局農村整備課が進めている農地集積加速化基盤整備のうち、秋田市金足の金足西部地区に7億2,700万円、金足東部地区に7億円が農林水産省から配分された。金足西部では約48haの区画整理工、金足東部では約52haの区画整理工をそれぞれ数件ずつに分け、3月をめどに公告・契約する。

 金足西部地区の事業は、旧奈良家住宅の東側一帯となる秋田市金足小泉、鳰崎、大清水など229.2haが対象。区画整理や暗渠排水のほか、揚水機の改修(下刈、財ノ浜、小泉、男潟補水機、高岡、神田、滝ノ沢、浦山第1、浦山第2、小栗)、堀内頭首工の改修などを実施する。

 今年度は区画整理工のほか、財ノ浜揚水機場の建屋建築や揚水機送水管工、小泉揚水機場の建屋建築などの工事を実施。来年度は今回の補正を充て約48haの区画整理を進めるほか、新年度当初予算分では約48haの暗渠排水工も発注する予定。男潟補水機の整備や浦山第一揚水機の建屋建設にも着工したい考え。

 一方、金足東部地区の全体計画は、169.2haの整地工や暗渠排水工、延長22,600mの道路工、27,300mの用水路工、29,400mの排水路工を行うもの。今年度は区画整理工、暗渠排水工を実施。来年度は約52haの区画整理工(今回補正分)、約28.9haの暗渠排水工(4年度当初予算分)を進める。

秋田港湾事務所/秋田港向浜ふ頭の用地造成(12月23日)

=秋田港湾事務所=

2月上旬に220mを4件で公告

秋田港向浜ふ頭の用地造成

 県秋田港湾事務所は、秋田港向浜ふ頭用地造成事業に関し、延長220mの前面護岸新設を4件(1工区〔概算工事費3億2,000万円〕、2工区〔同4億2,000万円〕、3工区〔同3億5,000万円〕、4工区〔同3億1,000万円〕)に分け、それぞれ2月上旬に公告する方針。このうち、1工区と2工区では護岸北側、3工区と4工区では護岸南側の新設工事が行われる。なお、工事はいずれも港湾空港課からの発注となる見通し。

 事業は、恒常的に不足しているふ頭用地の確保や、浚渫した土砂などの処分地として前面護岸を新設し、公有水面を埋め立てるもので、護岸設計はポートコンサルタントが行った。新設する前面護岸の延長は936.7mで、残整備は延長約370mとなっている。

 2月上旬に公告する工事のうち、1工区と2工区では護岸北側の延長約110m、3工区と4工区では護岸南側の延長約110mをそれぞれ新設する。なお、残りの約150m分については、5年度以降に施工する予定。

 前面護岸が完成した後は造成(埋め戻しなど)を行う。今年度は埋め戻しを行う際に土砂を安定させるため、前面護岸と陸地の間に間仕切り(L201.1m)を新設する工事を発注済み。

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ