データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

« 東北地方整備局秋田河川国道事務所/古川河川防災ステーションの建設(12月2日) | メイン | 補正予算(12月3日公表) »

仙北地域振興局/国道105号・坂本工区で予備設計(12月3日)

=仙北地域振興局=

国道105号・坂本工区で予備設計

何久保工区の概略設計も実施

 仙北地域振興局建設部は、国道105号の仙北市西木町上桧木内で計画している道路整備に関し、坂本工区の予備設計と何久保工区概略設計を1件で22日に開札する。複数の整備案を検討していた坂本工区ではバイパスを新設することとし、予備設計や事業効果の検証を行う。何久保工区では事業の方向性を決めるための概略設計をまとめる。業務は近く契約する数値図化業務と連携し、年度末の履行期限で進める。

 計画は、狭あいな幅員や急カーブなどの解消に向け、現道拡幅やバイパス新設などを検討するもの。

 坂本工区では、昨年度に概略設計をセントラルコンサルタントで実施。現道拡幅やバイパスの新設などを比較検討した結果、桁沢橋の先から北側に延長1,780m、全幅9.5m(車道W6.5m)のバイパスを新設することとした。今回の業務では予備設計のほか、事業効果の検証や将来交通量の推計などをまとめる。4年度以降に公共事業箇所評価で新規箇所としての評価を受けた後、実施設計などに着手する予定。

 また、坂本工区の北側に位置する何久保工区(L約1,200m)は、今回から設計に着手。業務では、現道拡幅とバイパス新設の2ルートで概略設計をまとめ、それぞれを比較検討する。設計の結果をもとに4年度以降、予備設計を行う見通し。

イベント・刊行物案内

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ