データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

« 2022年3月 | メイン | 2022年5月 »

(株)プレステージ・インターナショナル/潟上市の昭和工業団地に8,000㎡の新事業所(4月28日)

=(株)プレステージ・インターナショナル=

潟上市の昭和工業団地に8,000㎡の新事業所

総投資額30億円、7年4月着工へ

 国内外でBPO事業(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)を展開している株式会社プレステージ・インターナショナル(東京都千代田区麹町2-4-1、玉上進一代表取締役)は、潟上市の昭和工業団地に秋田BPO潟上キャンパス(仮称)を建設する。施設は8,000㎡規模で、総投資額は30億円。7年4月の着工、8年4月の操業開始を目指す。27日に県庁で立地協定締結式が行われ、玉上社長、佐竹敬久知事、鈴木雄大潟上市長が出席した。

 同社は昭和61年の設立以来、コールセンターによる自動車保険加入者向けのロードアシストやマンション入居者向けのホームアシスト、駐車場管理会社向けのパークアシストなどのサービスを提供している。平成15年に開設した秋田BPOメインキャンパス(秋田市)は開設以来業務拡大を続け、1,500席あるキャパシティは満床となっている。今後、さらなる事業拡大や雇用創出、地域貢献に向け今回、潟上市に進出する。県内の事業所は秋田市、横手市、にかほ市に続き4カ所目となる。

 新事業所は、潟上市昭和大久保字北野蓮沼前山の昭和工業団地敷地(88,000㎡)に平屋建て、床面積8,000㎡規模を想定。従来のキャンパスと同様、執務室、カフェテリア、託児所、ジム、研修室、会議室などを設けるほか、若者や起業者向けのワークスペースも新設する予定。年度内に社内構想をまとめる。なお、設計業者および施工者は今後、選定する方針。着工は7年4月を予定し、8年4月の操業開始を目指す。総投資額は30億円を予定。操業時には、秋田キャンパスからの移管も含め従業員240人の雇用を見込み、将来的に800人とする計画。今後、需要拡大となれば施設増設も視野に入れている。

 締結式では、玉上社長が「2030年には秋田県全体で雇用4,000人を目指す」と表明。秋田BPO潟上キャンパス(仮称)については「オフィス機能だけでなく、地域の賑わい創出も見据え、わくわくした魅力ある空間を備えたキャンパスにしたい」と意気込みを語った。

Photo【立地協定を締結したプレステージ・インターナショナルの玉上社長(中央)】

秋田市/川尻広面線で融雪設備更新(4月27日)

=秋田市=

川尻広面線で融雪設備更新

五丁目橋~明田地下道まで990mを実施


 秋田市道路維持課は、市道川尻広面線の中通五丁目ほか地内で融雪設備更新を計画。設計業務を来月25日に開札する。対象は、南大通り(五丁目橋付近~明田地下道)の両側歩道で、融雪予定延長は990m、融雪予定面積は3,960㎡となっている。予算次第で来年度から着工する方針。

 計画は、五丁目橋付近~明田地下道までの両側歩道で、既存の融雪設備(地下水方式)が経年により漏水などの不具合があることから更新するもの。トータルコストを考慮して電気式に更新する予定で、市立中通小学校側990mと、中通総合病院側990mを整備する。

 今後は、委託する業務で測量や歩道設計、消融雪設備詳細設計を行い、10月31日の履行期限で工事費などをまとめ、来年度以降の着工を目指す。

 市ではこのほか、設置年数などに応じて計画的に融雪施設整備を行っており、今年度は、寺内油田7号線ほか1路線新設(L120m)のほか、新屋浜田線(L200m)、新都市大通線(L480m)、新都市13号線(L185m)、保戸野八丁千秋中島町線(L100m)、桜ケ丘梨平線(L132m)の改良を予定。発注時期は当初、6月頃を見込んでいたが、半導体不足などにより調整中。

秋田科学物産(株)/秋田市四ツ小屋に新社屋を建設(4月26日)

=秋田科学物産(株)=

秋田市四ツ小屋に新社屋を建設

中田建設の設計施工、10月完成へ

 冷凍食品や加工食品など業務用食材の卸売、厨房機械器具の販売等を行う秋田科学物産株式会社(秋田市山王5-6-21、石塚佳之代表取締役社長)は、秋田市四ツ小屋字中野に新社屋を建設し、同市山王から移転する。中田建設の設計施工で今月から着工しており、10月末頃の竣工を目指す。

 創業53年の同社は、業務用食材や業務用厨房調理器具を取り扱っており、食材の範囲は冷凍加工品、農水・畜産物などの自然食品、麺・ご飯・パン、デザート、調味料など多岐にわたる。

 新社屋の建設は、現在の事務所が老朽化していることや、配送効率の拡充を図るため設備投資し行うもの。建設地は県道秋田雄和本荘線(旧空港道路)沿いのJAカントリーエレベーター近く(秋田市四ツ小屋字中野308番地ほか)。

 規模は鉄骨造2階建て、延べ床面積1,911.24㎡。事務所のほか、1階部分には常温倉庫、冷蔵倉庫、冷凍倉庫を並べて配置し、庇のある荷物の搬出入スペースを設けている。また、冷蔵倉庫と冷凍倉庫の搬入口にはドックシェルターを設置し、気密性を確保している。

Photo【秋田科学物産の新社屋建設工事】

秋田市/既設市営住宅改修(4月25日)

=秋田市=

外壁・屋上防水は7月または8月入札

管理費では屋根塗装、PS外装材改修など

 秋田市住宅整備課は今年度、既設市営住宅改修経費の4億3,983万5,000円を充て、旭南市営住宅7・9号棟、横森市営住宅1・4号棟の外壁塗装工事、高清水市営住宅4号棟の屋上防水改修工事を7月または8月に入札する。棟ごとに発注するため、入札件数は5件。外壁改修工事は、入居者の生活を考慮して夏場に窓を閉め切ることを避け、9月頃に着工し、12月頃までかけて行う。屋上防水は降雪前の11月までに終わらせる予定。

 事業は「第2期秋田市住生活基本計画(第2期秋田市営住宅等長寿命化計画)」に基づき改修工事を行うもの。既設市営住宅改修経費を充てる住宅のうち、外壁改修を行う旭南(旭南1-11、12、15ほか)は5階建て、横森(横森5-6)と屋上防水を行う高清水(将軍野南2-3-45)は4階建て。このうち旭南の外壁と高清水の屋上は今年度で完了。横森の外壁は5年度に2号棟と5号棟で実施し、同年度で完了となる予定。

 住宅の工事ではこのほか、管理費を充てて四ツ谷市営住宅1、7、9,12号棟(将軍野堰越8)のPS外装材改修7カ所を5月頃、川尻市営住宅(川尻上野町1)および新屋扇町市営住宅(新屋扇町12-10)の火災警報器取り替えを6月頃、松渕市営住宅1~3号棟(河辺松渕字川原田家ノ後1-2)の屋根塗装、旭南市営住宅7~10号棟および河辺松渕単身特定住宅(河辺松渕字街道北17-1)の水道メーター取り替えを8月頃に入札する予定となっている。

 このうち、川尻と新屋扇町の火災警報器では、煙式612個、熱式204個を整備。旭南と河辺松渕の水道メーター取り替えは13mmが111個、20mmが19個となっている。

大和ハウス工業(株)仙台支社/ホテルハワイラグーン跡地のマンション(4月22日)

=大和ハウス工業(株)仙台支社=

錢高組の施工で6年8月完成へ

ホテルハワイラグーン跡地のマンション

 大和ハウス工業株式会社仙台支社(宮城県仙台市泉区泉中央3-8-1、渡辺靖彦執行役員支社長)は、秋田市中通のホテルハワイラグーン跡地に新築する(仮称)プレミスト秋田中通(マンション)の施工業者を錢高組に決定した。来月中旬から現場に入り、6月中旬頃から本体建設に着工する。予定工期は6年8月2日。

 計画によると、新築するマンションは鉄筋コンクリート造14階建て(H42.89m)、建築面積1,368.08㎡、延べ床面積13,288.99㎡で、戸数は147戸。設計は創建設計(宮城県仙台市)が実施した。

 建設地のラグーン跡地は以前、株式会社プレサンスコーポレーション(大阪市)が取得し、分譲マンションを建設するとして一度は施工者を決めていたが、着工を先延ばししたうえで断念。その後、2年11月に大和ハウス工業が跡地を取得していた。敷地面積は5,209.11㎡(秋田市中通3-2-1、2-2)。

Photo【秋田市中通三丁目のマンション建設地】

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ