データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

« 県下水道マネジメント推進課/秋田臨海処理Cを核とする脱炭素先行地域(6月24日) | メイン | 大館市/消防署北分署の移転新築(6月28日) »

横手市/横手市民会館の移転新築(6月27日)

=横手市=

市民会館の基本・実施案は山下設計JV

5年度着工、7年度完成へ

 横手市大型公共施設整備室は、公募型プロポーザルを実施した横手市民会館移転新築の基本・実施設計について、山下設計・遠藤建築設計事務所・松橋設計JVを最優秀提案者に選定した。プロポーザルには2JVが参加した。来月中旬までに契約し、5年度前半までかけてまとめる(履行期限:基本設計9月30日、実施設計5年6月30日)。同年度から着工し、7年度の完成、8年度のオープンを目指す。

 横手市民会館(南町13-1)は昭和43年に建設された鉄骨造一部鉄筋コンクリート造3階建て(B1F)、延べ床面積3,357.75㎡の施設。老朽化が進み旧耐震基準となっているほか、機能に不足が生じている。

 基本計画によると、新施設の建設予定地は同市条里1丁目で、延べ床面積は6,000㎡を想定。◇市民が集い、市民が主役となる舞台 ◇機能性を重視した質の高いホール ◇シンプルで誰もが利用しやすく、市民に長く愛される施設―をコンセプトとしており、1,250席~1,300席の大ホールのほか、リハーサル室(小ホール)や会議室、事務室、エントランスホールなどを配置する。

 現時点での工事費は45億円以内(駐車場除く、外構含む上限額、税込)。建設地は現在の横手体育館付近にあるため、体育館の解体や跡地造成、外構工事が別途、必要とされており、その工事費は7億2,000万円(税込)と試算している。

 なお、同様に移転新築を行う横手体育館については、市民会館と同時期に基本・実施設計プロポーザルを公告しており、早ければ今週中に最優秀提案者を公表する見通し。

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ