データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

由利地域振興局/象潟漁港海岸の高潮対策(5月27日)

=由利地域振興局=

設計や測量業務3件を6月8日に開札

象潟漁港海岸の高潮対策

 由利地域振興局農村整備課は、象潟漁港海岸(海水浴場工区、象潟漁港工区、物見山工区)の高潮対策事業に関し、堤防や護岸改良に向けた業務3件を6月8日に開札する。業務では、海水浴場工区の基本計画・基本設計や象潟漁港工区の基本・実施設計を1件にまとめて行うほか、測量を各工区1件ずつ実施する。5年度以降に着工する方針。

 高潮対策事業は、護岸が低い地区を高潮や波浪、津波などによる被害から守るため、堤防や護岸などの海岸保全施設で新設や改良を行うもの。整備では、象潟漁港海岸の入湖之澗地区と中橋・大塩越地区を3工区(入湖之澗:海水浴場工区、象潟漁港工区、中橋・大塩越:物見山工区)に分け、高さが4.5mとなっている既存の護岸を5.5mに嵩上げする。事業期間は9年度まで、総事業費は8億円を見込む。

 このうち、海水浴場工区は海中の既存消波ブロック(L270m)を補強しながら、護岸改良(L55m)や階段護岸(L474m)を進める計画。今年度は、潜堤の基本計画・基本設計と護岸の基本設計を実施するほか、深浅測量・現地測量・路線測量を行う。着工までは複数年かかる見通し。

 また、象潟漁港工区では堤防改良(L493m)や護岸改良(L97m)を計画。今年度は基本・実施設計と現地測量・路線測量を行い、来年度以降に着工する。物見山工区では、護岸延長277mのうち、今年度は延長97.1mの改良を村岡建設工業が施工(18日開札)、残整備は来年度以降の発注の予定。

中央鋼建(株)/横手第二工業団地に新工場建設(5月26日)

=中央鋼建(株)=

横手第二工業団地に新工場建設

施工規模はS2F3,440㎡

 アルミサッシやスチールサッシ、ステンレスサッシなどの製造を手がける中央鋼建株式会社(宮城県仙台市宮城野区扇町7-7-14、本多和義代表取締役社長)は、同社の秋田工場(横手市平鹿町醍醐鱒田28-9)を移転するため、横手第二工業団地内(横手市柳田12-13)で新工場の建設を進めている。25日には横手市で誘致企業認定通知書交付式が行われた。

 同社は昭和53年に創立し、同62年にスチール・ステンレス製品製作工場の稼働を開始。現在は本社のほか、第1工場、第2工場(平成10年)、第3工場(同27年)、秋田工場(同14年)を備える。製品需要の増加に伴う工場の稼働率増加を受け、横手第二工業団地内に新工場を建設し、移転することとした。

 新工場は6,600.03㎡の用地に鉄骨造2階建て、延べ床面積3,440.54㎡規模で建設。渡辺土建(宮城県登米市)の施工で工事を進めている。設計はフロム・イン(宮城県)でまとめた。5年1月の仮操業開始、同年4月の操業開始を見込んでいる。

 25日の交付式で本多社長は「新しい秋田工場では従業員をまず40人まで増員し、工場稼働を軌道に乗せたい。その後は40人を超える従業員を確保し、横手の工場を主戦力の工場に育て上げていきたい」、横手市の髙橋大市長は「横手に新たな生産拠点を開設して正解だったと思ってもらえるよう、尽力していきたい」と話していた。

Photo【通知書を手に記念撮影する本多社長(写真中央)】

東北地方整備局秋田河川国道事務所/11橋対象に補修設計を実施(5月25日)

=東北地方整備局秋田河川国道事務所=

11橋対象に補修設計を実施

Ⅲ判定は松ケ崎跨線橋など

 東北地方整備局秋田河川国道事務所は、今年度の橋梁補修設計業務を7月13日に開札する。対象は国道7号7橋、国道13号1橋、国道46号3橋の計11橋。冬場の状況も踏まえるため履行期限は来年6月16日としているが、橋の状態や設計の進捗によっては履行期限を待たずに工事発注する橋梁が出てくる可能性もある。対象橋梁のうちⅢ判定(早期措置段階)は上浜跨線橋側道橋(下り、にかほ市)、松ケ崎跨線橋(由利本荘市)、同側道橋となっている。

 今回の対象橋梁のうち、国道7号の由利本荘市ではⅢ判定(早期措置段階)の松ケ崎跨線橋(L26.76m、W9.36m、単純PCポステンT桁橋、由利本荘市松ヶ崎)で上部工、下部工、橋面、支承、地覆、排水設備の補修設計をまとめるほか、同じくⅢ判定の同橋側道橋(L50.5m、W2.6m、単純非合成鈑桁橋、単純PCプレテン床版橋)で上部工、デッキプレート床版、伸縮装置、支承、落橋防止システム補修の設計を行う。

 また、にかほ市では上浜跨線橋(L34.55m、W9.65m、単純PCポステンT桁橋、にかほ市象潟町、Ⅱ判定)で下部工、橋面、伸縮装置の補修、同橋側道橋上り線(L54.5m、W2.8m、単純鋼床版箱桁橋、同)で上部工や排水設備、同下り線(L37.04m、W2.4m、単純非合成鈑桁橋、Ⅲ判定)で上部工および支承の設計をまとめる。

 にかほ市ではこのほか、白雪橋(L30m、W8.2m、単純合成箱桁橋、にかほ市平沢、Ⅱ判定)、平沢跨線橋(L12.8m、W9.2m、単純PCプレテン床版橋、にかほ市平沢、Ⅱ判定)で橋面補修や伸縮装置補修を計画している。

 国道13号では、牛島跨線橋(L35m、W21.3m、単純PCポステン床版橋、秋田市牛島、Ⅱ判定)で上部工や伸縮装置、支承、地覆補修を実施。

 国道46号では小勝田こ道橋(日三市角館跨道橋:L24.8m、W11.53m、単純PCプレテンT桁橋、仙北市小松、Ⅱ判定)で上部工、鬼壁川橋(L13.9m、W13.3m、単純PCプレテン床版橋、仙北市角館町、Ⅱ判定)で橋面補修や伸縮装置補修を実施。荒川橋(L30.76m、W9.3m、単純PCポステンT桁橋、大仙市協和、Ⅱ判定)で伸縮装置補修や排水設備補修について設計をまとめる。

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ