データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

TOPニュース Feed

秋田港湾事務所/避難タワー新築で規模など概略を決定(9月18日)

=秋田港湾事務所=

L2津波想定で避難計画を見直しへ

避難タワー新築で規模など概略を決定

 県秋田港湾事務所(所管:県港湾空港課)は、計画している津波避難タワーの新築に関し、津波避難計画基礎調査業務を10月7日に開札する。同業務は、レベル2津波を想定して秋田港の避難計画の見直しを行うもので、避難タワーの規模や設置箇所についての概略も決める見通し。今後のスケジュールについては、業務の結果をもとに検討する。

 避難タワーは、平成27年度に同事務所で実施した「秋田港津波対策検討業務」で、秋田港における避難計画が検討された際に設置が必要と判断されたもの。今回、「発生頻度が極めて低いものの、発生すれば甚大な被害をもたらす最大クラスの津波」とされているレベル2津波の発生を想定し、前回、検討した計画の見直しを図る。

 業務では、◇津波浸水区域・到達時間の整理 ◇避難場所の整理 ◇道路ネットワークの整理 ◇避難対象地域の設定 ◇避難対象者の整理 ◇静的な避難シミュレーションの実施・解析 ◇津波避難における課題の整理 ◇課題改善のための対策検討―などを実施。業務内で、避難タワーの規模や設置箇所の概略も決定する。実施設計の委託時期など、避難タワー新設に向けた今後のスケジュールについては、業務の結果を受けて検討する。

東北農政局西奥羽土地改良調査管理事務所/八郎潟地区の全体実施設計書はサンスイコン

=東北農政局西奥羽土地改良調査管理事務所=

八郎潟地区の全体実施設計書はサンスイコン

幹線用水路測量設計は10月19日開札

 東北農政局西奥羽土地改良調査管理事務所は、3年度の新規事業着手を目指す八郎潟地区の国営土地改良事業(大潟村地内)で、簡易公募型プロポーザルを実施していた全体実施設計書作成その他業務について、このほどサンスイコンサルタントと契約した。全体実施設計のとりまとめに向け、用水路施設の補足検討や全体実施設計、事業計画書(案)の作成などを行う。

 同地区の農業水利施設は、昭和32年度から51年度にかけて国営八郎潟干拓事業で造成され、一部の施設は国営総合農地防災事業「男鹿東部地区」として平成8年度から19年度にかけて改修された。

 中央干拓地内の幹線排水路や幹線用水路は近年、大規模な改修工事が行われておらず、コルゲート水路の腐食の進行、排水路周辺での湛水被害などが生じ、経年劣化対策が必要となっている。このため、東北農政局では用水路の改修をメインとして3年度の新規事業着手を目指し、これまで調査事業を進めてきた。

 現在は、事業化した初年度に着工する幹線用水路の初弾工事に向け、設計ストックとなる測量設計業務を簡易公募型プロポーザルで公告しており、10月19日に開札する。同業務はA1-1幹線用水路(L約190m)と、A1-4幹線用水路(L約3,000m)を対象としている。

 今年度はこのほか、経済効果算定その他業務をサンスイコンサルタントに委託済み。今月30日には配慮計画補足調査業務も開札する。

秋田市/中学校のエアコン設置(9月16日)

=秋田市=

設計施工一括で10月に公募へ

中学校のエアコン設置

 秋田市教育委員会は、令和4年夏の供用開始を予定している市内全中学校(23校)のエアコン設置に関し、設計施工一括で10月から公募し、2月議会の承認を経て本契約を締結する方針だ。開会中の市議会9月定例会には事業費11億2,665万円(繰越明許費設定)を計上している。

 計画は、新型コロナウイルス感染症の影響による夏季休業期間の変更など、不測の事態に備えるため、市内の小、中、高校に空調を設置するもの。このうち、小学校では市内41校の普通教室(582室)と職員室(74室)に空調を設置するため、メンテナンス付リース方式を採用して公募型プロポーザルを実施、事業者を選定している(詳細は3日付1面掲載)。

 中学校は全23校で、普通教室282室と職員室・校長室38室合わせて320室に空調設備を設置する計画。  スケジュールによると、9月議会閉会後、10月から公募・契約期間を2カ月ほど設け、2月上旬に仮契約、2月議会での承認を経て本契約を締結し、3月中旬頃から設計・工事に着手、11月中旬頃の完成を目指す。

(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構秋田支部/秋田職能センター本館など建替へ(9月15日)

=(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構秋田支部=

秋田職能センター本館など建替へ

設計費の予算要求に向けアスベスト調査

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構秋田支部は、老朽化している秋田職業能力開発促進センター(潟上市天王字上北野4の143)の本館や実習棟の建て替えを計画、来年度の当初予算に設計費を要望するため、アスベスト調査を来月1日に委託する。順調に進めば、来年度に設計を行う。

 対象となる施設は、本館棟(昭和43年建設RC3F1,532.49㎡)のほか、実習棟の2号棟(昭和43年建設S中2F743.54㎡)、3号棟(昭和43年建設S中2F526.68㎡)、4号棟(昭和48年建設S中2F652.39㎡)、渡り廊下や食堂など。平成以降に建設された比較的新しい1・5・6号棟については、今回の建て替えの対象外となっている。

 これまでにも施設については、耐震改修や床の張り替えなど内部改修を随時実施してきている。

 今後は、アスベスト調査の結果を見て建て替えに係る費用の算出を行い、早ければ来年度にも設計に係る予算を要望する。他県の同様施設の優先を見ながら着工する方針で、現時点で5年以内には着手する見通し。

Photo

【潟上市天王にある職業能力開発センター】

JAあきた白神/本店の移転新築(9月14日)

=JAあきた白神=

来年2月下旬の公告目指す

本店の移転新築・3月から着工へ

 あきた白神農業協同組合(能代市富町2の3、佐藤謙悦代表理事組合長)は、計画する本店の移転新築工事について、一般競争入札で来年2月下旬頃に公告する方針だ。新施設は鉄骨造2階建て、延べ床面積1,959㎡以内を想定しており、JA全農とうほく設計センターで来月末まで基本設計、12月末まで実施設計をまとめる。また、来月からは敷地の地質調査にも着手する予定。

 計画は、JR東能代駅から国道7号に向かう道路沿いにある同組合の所有地(字一本木)に移転新築するもので、近隣にあるのしろ東支店(字機織轌ノ目219)も統合する。

 既存の本店は、昭和42年に建設された鉄筋コンクリート造3階建て、延べ床面積1,166.26㎡規模。また、のしろ東支店は昭和61年に建設された木造2階建て、延べ床面積252.52㎡規模。いずれも移転後の建物は売却する予定。

 今後は、基本・実施設計を進めるほか、来月に敷地の地質調査に着手し、2月下旬以降に一般競争で公告、3月から着工し、4年2月の完成を目指す。

イベント・刊行物案内

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ