データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

« 2021年3月 | メイン | 2021年5月 »

北秋田市/合川公民館改築(4北秋田市/合川公民館改築(4月30日)

=北秋田市=

合川公民館改築に臨時補正5.8億円

建築、電気、機械を5月連休明けに公告

 北秋田市生涯学習課は、旧合川公民館解体跡地に建設する新公民館に関し、臨時補正で事業費5億8,433万3,000円を予算化した。工事は5月連休明けに建築、電気設備、機械設備の3工種を公告し、同月下旬に入札する。7月には着工し、4年2月末の工期で建設。外構は12月以降に公告する。

 計画は、老朽化により解体した旧合川公民館の跡地(北秋田市李岱字下豊田25)に木造平屋建て、建築面積1,417.12㎡、床面積約1,400㎡規模で新たな公民館を建設するもの。同じく老朽化に伴い解体した旧合川駅前公民館の機能も合体させる。実施設計はM’s設計室がまとめた。なお、旧合川駅前公民館の跡地利用については現時点で未定としている。

 新公民館には事務室や男女トイレ、大ホール、図書室、研修室3室、調理室、和室2部屋のほか、新たにキッズコーナーも設ける。

 今回、予算化した事業費には工事費のほか、監理費や備品購入費なども含まれている。建築、電気設備、機械設備は5月連休明けに公告。舗装をメインとする外構工事も別途、発注する予定で、12月または来年1月に公告し、年度末までの完了を目指す。

補正予算(4月28日公表)

北秋田市(4月臨時予算)

秋田港湾事務所/岸壁2バースの更新に今年度から着工(4月28日)

=秋田港湾事務所=

岸壁2バースの更新に今年度から着工

鋼矢板製作2件を7月に公告へ

 県秋田港湾事務所は、秋田港の北ふ頭B岸壁と南ふ頭C岸壁の更新工事に今年度から着手する方針。今年度は両岸壁に据え付ける鋼矢板の一部製作を実施する予定で、昨年度から継続して進めている岸壁細部・実施設計(日本港湾コンサルタント)の進捗を見ながら、7月中旬頃に2件公告する見込み。

 計画は、老朽化に伴い両岸壁を更新するもの。更新する岸壁のうち、北ふ頭B岸壁は道の駅あきた港「セリオン」と新日本海フェリーターミナルの間で、秋田ベイパラダイス前にあり、ほぼ正方形に窪んでいる箇所で、普段は海上保安庁の巡視船「でわ」が係留している。一方の南ふ頭C岸壁は、北ふ頭B岸壁を挟んで新日本海フェリーターミナルとは反対側に位置する岸壁。

 計画延長は北ふ頭B岸壁が延長140m、南ふ頭岸壁が延長150mで、両岸壁の水深については現在検討中。更新後は(仮称)中島岸壁とする予定。

 5月連休明けには、工事に先がけて「公有水面埋立申請図書作成業務委託」を公告。7月中旬頃に鋼矢板製作2件(概算工事費各1億8,000万円)を公告する見通し。残りの鋼矢板製作や据え付けについては、4年度以降に実施する。

仙北地域振興局/内小友東部地区の農地集積基盤整備(4月27日)

=仙北地域振興局=

暗渠工4件を8月に公告

内小友東部地区の農地集積基盤整備

 仙北地域振興局農村整備課は、内小友東部地区の農地集積加速化基盤整備に関し、今年度は工事費2億3,400万円で暗渠工3件と補助暗渠工1件を8月に公告、9月上旬に入札を予定している。暗渠工3件は5カ月、補助暗渠工は3カ月の工期でいずれも年度内に完成させる。

 暗渠工は3件合計で68.7ha、内訳は、21.7ha(約6,500万円)、22.5ha(約6,700万円)、24.5ha(約7,300万円)となる。補助暗渠工は、昨年度に暗渠工を実施した61.9haが対象で、約2,900万円の事業費。暗渠工、補助暗渠工ともに工事着手は稲刈り後を予定している。

 計画は、現在のほ場が10a区画と狭小で一部道路がなく、水はけも悪いため、効率的な営農ができるように整備するもの。ほ場区画整備、暗渠排水、排水路工、道路工などを行う。

 全体事業費約41億9,000万円、5年度までの事業期間で進めており、今年度の整備を終えると、来年度以降は区画整備60haとそれに伴う暗渠工などを進める。

Photo【整備が進められている内小友東部地区】

県福祉政策課/新複合化相談施設新築(4月26日)

=県福祉政策課=

建築は6月、電気・給排水は8月に公告

新複合化相談施設新築

 県福祉政策課は、新複合化相談施設の新築に関し、建築工事を3または4者によるJVで6月の公告、7月開札、10月からの着工を予定している。電気設備と機械設備は、いずれも2から3者のJVで、8月の公告、9月開札としている。14カ月の工期で4年度の完成の見込み。

 新施設は、敷地面積6,248㎡に鉄筋コンクリート造2階建て、延べ床面積3,425㎡。管理棟、居住棟などが整備され、居住棟は児童エリア、女性エリアに分けられている。住宅街からエリアの利用者、屋外運動広場が見えないように配慮されている。建築費は約8億8,000万円、電気設備工事は約2億1,000万円、機械設備工事は約2億7,000万円を見込んでいる。また外構工事は、4年9月から5年3月までの期間で実施。5年4月の供用開始を予定している。なお、中央児童相談所と女性相談所は解体するかを5年度以降に検討する。

Photo

【新複合化相談施設の俯瞰図】

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ