データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

« 2021年4月 | メイン | 2021年6月 »

(大)秋田県立大学/アグリイノベーションセンターの整備(5月31日)

=(大)秋田県立大学=

補正予算確保後に設計・地質調査を委託

アグリイノベーションセンターの整備

 公立大学法人秋田県立大学が今年4月に設置した「アグリイノベーション教育研究センター」(スマート農業の研究、人材育成、技術開発の拠点)の施設整備について、早ければ県の6月補正予算案に研究・管理棟建設などの設計費、地質調査費等が計上される見通し。同大学大潟キャンパスにあるフィールド教育研究センター敷地に整備するもので、今年度は教育プログラムの作成といったソフト面にも着手したい考え。

 事業は「秋田版スマート農業」の発信拠点を整備するもの。農学系と理工学系の学部を持つ同大学の強みや、国内でも有数の広さがあるフィールドを生かし、ビッグデータやロボットなどの先端技術を農業に活用する「スマート農業」の研究、人材育成、技術開発の拠点とする。

 施設整備では、フィールド教育研究センター敷地に研究・管理棟を建設するほか、温室の改修やスマートネットワーク環境の整備などを実施。当初は、老朽化した畜舎を建て替える「スマート畜舎」も整備する予定だったが、当面は先送りする見通し。ソフト事業も含めた総事業費は最大15億円程度、現時点の事業期間は7年度までを予定している。

 今年4月に設置された新センターでは「分野を超えた連携研究」「高度な教育による農業人材育成」「先端技術の開発・実証・展示」という3つの「場」を柱に活動。

 このうち連携研究では、仮想空間を活用したデジタルツイン技術を農業分野に応用させる「アグリデジタルツイン構想」を計画。人材育成では学生教育に関して、全学共通の農工連携科目となる「スマート農業入門」を学部生、全研究科共通の「農工連携特論」を大学院生向けに開設済み。

 生産者や営農指導員などの実務者向けには「スマート農業指導士(仮称)」の育成・認定制度を創設する。このほか、県内の高校に拠点センター施設(先進モデル農場)を提供し、農業を体験・学習してもらう。

 実証・展示では、5G/ローカル5G(整備済)や、位置情報を正確に補正するRTK-GNSSなどにより、ロボット農業機械における安全性確保策の検証試験や、リモート農業実証、スマート農業技術の展示などを行う。

補正予算(5月27日公表)

湯沢市(6月補正予算)

由利地域振興局/象潟漁港海岸で高潮対策に着手(5月28日)

=由利地域振興局=

象潟漁港海岸で高潮対策に着手

4年度からの着工に向け設計を公告

 由利地域振興局農村整備課は、高潮対策事業の新規箇所として、象潟漁港海岸の入湖之澗地区と中橋・大塩越地区の整備を計画。護岸や堤防などを改良するため、設計業務を6月9日に開札する。業務では、3工区(入湖之澗:海水浴場工区、象潟漁港工区、中橋・大塩越:物見山工区)の設計を行い、4年度から順次、着工する方針。事業期間は9年度まで、総事業費は8億円を見込む。

 同事業は、護岸が低い地区を高潮や波浪、津波などによる被害から守るため、堤防や護岸などの海岸保全施設で新設や改良を行うもの。整備では、高さが4.5mとなっている既存の護岸を5.5mに嵩上げする。管内ではこれまで、平沢漁港海岸で整備を実施している。

 今回、委託する業務では、入湖之澗地区の整備として、海水浴場工区の潜堤改良の構想設計と護岸改良の予備設計、象潟漁港工区の堤防改良予備設計を行う。中橋・大塩越地区の整備では、物見山工区の護岸改良基本・実施設計をまとめる。

 このうち、海水浴場工区は海水浴場に指定されており、沖に沈めている既存の消波ブロック(L270m)を補強しながら、護岸改良(L626mのうち階段護岸L474m)を進める計画。着工までは複数年かかる見通し。

 また、象潟漁港工区では、延長493mを対象とした堤防予備設計をまとめ、4年度に基本・実施設計に着手、5年度以降に着工する。物見山工区では、今年度で延長231mの護岸基本・実施設計をまとめ、4年度から着工する予定。

補正予算(5月26日公表)

横手市(6月補正予算)

雄勝地域振興局/国道398号・稲庭バイパスの整備(5月27日)

=雄勝地域振興局=

久保橋の整備方針検討で予備設計

国道398号・稲庭バイパスの整備

 雄勝地域振興局建設部は、国道398号で進めている稲庭バイパスの整備に関し、久保橋の補修や架け替えを検討するため、予備設計を公告した。同橋が架設されている区間は、事業化済みの第1期および第2期整備(L約10,000m)の終了後に着手を計画している。また、関連して地質調査と地形測量も公告、いずれも来月9日に開札する(詳細は発注情報欄掲載)。

 国道398号の稲庭バイパスでは、湯沢市役所皆瀬庁舎や新菅生橋付近を起点とする延長約10,000mを第1期(L4,530m)と第2期(L5,470m)に分け、現在は第1期の整備を進めている。第1期計画の事業期間は7年度まで。

 今回、委託する予備設計では、将来的に整備を計画している区間に架かる久保橋(昭和36年架設L276m)の設計をまとめる。業務では、橋梁前後区間の道路予備設計(L680m)も行う。久保橋については設計の結果を踏まえ、補修や架け替えなど今後の整備方針を検討する。

 なお、同区間における4年度以降のスケジュールについては、現在整備を進めている区間の進捗状況を見ながら今後、検討する。

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ