データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

東北地方環境事務所/世界遺産センターを改修(5月7日)

=東北地方環境事務所=

世界遺産センターを改修

UDSに実施設計を委託

 東北地方環境事務所は、白神山地世界遺産センター藤里館(藤里町藤琴里栗63)を改修する。こほのど実施設計業務を開札しUDSが落札、9月30日の履行期限でまとめる。同事務所では今後、工事費の確保時期など事業スケジュールを検討する。工事では屋根の葺き替えや内外装の改修、電灯設備の改修、トイレの様式化などが行われる。

 白神の南麓にある藤里館は、世界自然遺産「白神山地」の教養を深めることができる施設。白神エリアの散策や登山の情報収集、環境学習の場として利用されており、常駐する自然アドバイザーの解説を聞くこともできる。

 既存施設は鉄筋コンクリート造一部木造平屋建て、床面積719.01㎡。改修工事のうち、屋根葺き替えは約1,160㎡を対象に実施するほか、内外装工事では劣化の著しい多目的室の床改修、ホールの壁改修、展示室の床改修、給湯室の壁や木製建具改修、設備改修に伴う復旧改修を計画。

 電灯設備改修では、照明の一部LED化や多目的室の映像音響設備改修などを実施。トイレの様式化では、男女ともに1基ずつある和式便器をそれぞれ洋式化する。

秋田市/日新小の改築で設計プロポを公告(5月6日)

=秋田市=

日新小の改築で設計プロポを公告

県内初の木造3階建て校舎を計画

 秋田市教育委員会は、新屋栗田町にある日新小学校改築の基本・実施設計プロポーザルを公告した。元町や表町など、歴史的な町並みが残る新屋地区の景観に調和させるため、県内初の木造3階建て校舎にする。木造3階建て以上の学校建築は全国的にもまだ例が少ない。設計プロポーザルは市内の設計事務所単体、または市内設計事務所を代表者とする共同企業体で行われる。新校舎棟の延べ床面積は6,790㎡以上7,000㎡以内で計画している。

 設計プロポでは課題に対する提案内容において、同校の教育目標やICT利用のほか、木造学校建築の考え方として◇木の魅力をいかした建築、具体的工法 ◇長寿命化と維持保全計画に関する考え方 ◇防耐火計画とコスト縮減に向けた方策 ◇地下水を利用している周辺の酒蔵や家屋に対する杭地業の工法 ◇木材調達のための協力体制などに関する提案―などを求めている。

 新施設は校舎棟(W3F6,790㎡以上7,000㎡以内)、屋体棟(Wまたは木質仕上の他構造、1~2F1,552㎡以上1,600㎡以内)、給食棟(150㎡以上350㎡以内、構造は問わない)で構成。敷地内にはグラウンド(7,200㎡以上、100m直線トラック)とバス回転地を配置する。

 このうち、校舎棟の普通教室には、普通教室30カ所、学習室6カ所、多目的スペース、トイレ(多目的トイレを確保)、特別教室には理科室、理科準備室、生活室、音楽準備室、図工工作室、図工準備室、家庭科室、家庭科準備室、視聴覚室、図書室、特別活動室、教育相談室を各1カ所、音楽室を2カ所、外国語室を2カ所それぞれ設ける。

 また、管理諸室は校長室、職員室、印刷室、会議室、保健室、更衣室、放送室を1カ所ずつ設けるほか、トイレや職員玄関を設置。このほか、機械室や消火ポンプ室、、電気室、校務・作業・休憩室を1室ずつ設置し、児童昇降口も整備する。

 屋体棟は、音響効果に配慮したアリーナ、ステージ、放送室、ピアノ庫を各1カ所、控室、器具庫、更衣室を各2カ所設置し、トイレも設ける。給食棟は給食調理室、検収室、倉庫、休憩室を各1カ所設けるほか、トイレ、搬入口、配膳室(各階)も整備する。

 設備は校舎棟の諸室と屋体棟アリーナに暖房を、普通教室と音楽室、校長室、職員室、保健室、給食調理室、各職員休養室に冷房を設置。また、校内LANやWi-Fi、エレベーター、応急給水栓も整備する。

P1190301【改築が計画されている日新小学校】

北秋田市/合川公民館改築(4北秋田市/合川公民館改築(4月30日)

=北秋田市=

合川公民館改築に臨時補正5.8億円

建築、電気、機械を5月連休明けに公告

 北秋田市生涯学習課は、旧合川公民館解体跡地に建設する新公民館に関し、臨時補正で事業費5億8,433万3,000円を予算化した。工事は5月連休明けに建築、電気設備、機械設備の3工種を公告し、同月下旬に入札する。7月には着工し、4年2月末の工期で建設。外構は12月以降に公告する。

 計画は、老朽化により解体した旧合川公民館の跡地(北秋田市李岱字下豊田25)に木造平屋建て、建築面積1,417.12㎡、床面積約1,400㎡規模で新たな公民館を建設するもの。同じく老朽化に伴い解体した旧合川駅前公民館の機能も合体させる。実施設計はM’s設計室がまとめた。なお、旧合川駅前公民館の跡地利用については現時点で未定としている。

 新公民館には事務室や男女トイレ、大ホール、図書室、研修室3室、調理室、和室2部屋のほか、新たにキッズコーナーも設ける。

 今回、予算化した事業費には工事費のほか、監理費や備品購入費なども含まれている。建築、電気設備、機械設備は5月連休明けに公告。舗装をメインとする外構工事も別途、発注する予定で、12月または来年1月に公告し、年度末までの完了を目指す。

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ