データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

秋田市/市道川尻総社通り線・川元で新たな電線共同溝(2月26日)

=秋田市=

川元で新たな電線共同溝

約400mで計画、新年度に詳細設計

 秋田市道路建設課は、市道川尻総社通り線の同市川元で新たな電線共同溝事業「川元工区」に着手する。計画延長は約400mで、整備を進めている川尻工区の反対側となる両関屋酒店から県道秋田天王線まで。新年度は5月または6月に詳細設計業務を委託する予定。

 同市が進めている電線共同溝整備事業は、災害に強い道路空間を整備することで、情報ネットワークの信頼性確保や都市景観の向上を図るもの。

 現在は、市道川尻総社通り線の川尻工区として、川尻八橋線との交差部から秋田刑務所前を経由し、国道7号に至る延長750m(両側L1,500m)で事業を推進中。新年度は延長440mの電線共同溝工事や、延長180mの道路改良工などを施工する。

 今回、新たに事業着手する川尻総社通り線の「川元工区」は、両関屋酒店から県道秋田天王線(広島ふとん国道店)までの延長約400m。両側で整備を行うため、施工延長は約800mとなる。来年度は詳細設計を委託し、4年度以降に着工する。

 なお、当初予算案には電線共同溝整備事業費として3億2,600万円を計上、川尻工区の工事費(補償費含む)と川元工区の委託費を盛り込んでいる。

Photo_2【電線共同溝事業に着手する川元工区(広島ふとん国道店付近)】

秋田市/当初予算案に継続費15.1億円(2月25日)

=秋田市=

手形山送水管の布設替えを8月頃に公告

当初予算案に継続費15.1億円

 秋田市上下水道局は、手形山送水管2号橋区間(広面~横森)の布設替え工事を8月頃に公告する予定。工事は3カ年をかけて行うため、当初予算案には継続費15億1,300万円(3年度2億4,100万円、4年度5億9,300万円、5年度6億7,900万円)を提案している。延長600mを泥圧土式シールド工法で施工する。

 既設の水管橋は太平川の渡河部に架設(昭和42年架設)されている橋長66.4m、口径1,000mmおよび400mmの2径間フランジ補剛形式橋梁。現状のままでは耐震性に問題が生じるため、太平川の下に送水管を布設する。

 計画区間は、広面から横森方面に向かい、太平川を渡って横森に至る延長600m(広面字鬼頭~横森4丁目)。新たに布設する延長600mの管渠は、泥圧土式シールド工法を採用。鞘管の呼び径は1,000mm、本管の呼び径は800mmとなる。詳細設計は東京設計事務所がまとめた。

 新年度当初予算案には3カ年継続費として15億1,300万円を提案。工事はJVに発注する見通しで、8月頃の公告を予定している。

大曲仙北広域市町村圏組合/南部斎場改築(2月24日)

=大曲仙北広域市町村圏組合=


南部斎場改築の基本設計はプロポを予定


総事業費7.7億円で5年度着工を計画

 大曲仙北広域市町村圏組合は、美郷町にある南部斎場の改築事業で、新年度は基本設計、用地・路線測量、接続道路の付替設計、アスベスト調査、地質調査、支障物移転補償調査を行う(当初予算欄参照)。このうち基本設計はプロポーザルを予定している。事業は現在地で改築するもので、新施設の規模は既存施設の2倍超となる見込み。総事業費は7億7,674万円。建設は5年度と6年度の2カ年で行う計画。


 現在の南部斎場(美郷町六郷字小安門1の1)は、2,950㎡の敷地にある鉄筋コンクリート造平屋建て、床面積342.26㎡の施設で、火葬炉は2基ある。昭和58年に建設され、経年により老朽化が進んでいるため、現在地で改築する。


 新施設は火葬棟と待合棟から構成される予定。工事は斎場を稼働しながら実施する。まずは仮設の待合棟を建設してから既存の待合部分を解体。その後、火葬棟を新築して既存の火葬部分を解体し、待合部分を建設する計画。延べ床面積は既存の2倍以上となる予定。


 新年度は基本設計業務を委託するほか、土地の高低などを測る用地・路線測量や地質調査を実施。鋭角になっている接続道路の付け替えに向けた設計や、解体に必要なアスベスト調査、看板・樹木などの支障物件移転補償調査を行う。実施設計は4年度に委託し、5~6年度の2カ年(継続費設定予定)で建設する計画。

2021_jigyou_baner

イベント・刊行物案内

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ