データベースログイン

  • 有料データベースログイン



  • 無料速報会員ログイン

  • ログインできない場合


  • 速報申し込みはこちらから

発注見通し情報

  • 速報申し込みはこちらから

秋田のお天気

   

  • (株)秋田建設工業新聞社

    〒010-0951
    秋田市山王6丁目8-42

    【著作権やリンクなどについての注意事項】
    本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
    Copyright(c)2002
    AKITA KENSETSUKOUGYOU SHINBUNSHA CO.,LTD

    【ご意見、ご要望は】
    soumu@akks.co.jp
    までお寄せください

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

羽後2期地区の草地畜産基盤整備(8月13日)

=(公社)秋田県農業公社=

乳用牛舎・堆肥舎は9月下旬の公告へ

 公益社団法人秋田県農業公社は、草地畜産基盤整備事業で整備する羽後2期地区に関し、今年度は乳用牛舎1棟(W1F860㎡、60頭)と堆肥舎1棟(W1F370㎡)の建設を予定、実施設計を今月末の履行期限でひかり建築設計に委託し進めており、工事は早ければ9月下旬頃の公告へと準備を進めていく方針だ。また、草地(0.5ha)や施設用地(0.6ha)の造成についても小川測量設計で進めている測量設計がまとまるのを待って早期発注を目指す。

 整備概要によると、同事業の対象者は湯沢市内や羽後町内の酪農家(4戸)や肉用牛農家(1戸)と羽後町。草地造成(2.5ha)や草地整備改良(14ha:羽後町13ha、湯沢市内農家1ha)、施設用地造成(1.2ha)を行うほか、乳用牛舎(4棟)や肉用牛舎(4棟)、堆肥舎(6棟)などを建設する。事業期間は今年度から34年度までで、総事業費は8億2,236万円。今年度は1億8,600万円で事業を推進する。

 同公社では、草地整備改良の測量設計についても10月10日の履行期限で小川測量設計に委託し進めており、改良については31年度から3カ年を予定している。


              休刊のお知らせ

 夏季休暇のため14日、15日、16日付けを休刊とさせていただきます。何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
                            *休刊日 8月14日、15日、16日
 なお、業務は13日、14日、15日が休みとなり、16日から業務開始となります。


Top


 27年4月1日以降に公表された各発注機関の発注見通しを掲載しております(最新情報は赤字で表示)。公表から7日を経過致したものは、左記のバナー「発注見通し情報」からご確認いただけます。

秋田市外旭川の多機能型障害者施設(8月10日)

=(福)秋田聖徳会=

2.5億円で中田建設が落札

 社会福祉法人秋田聖徳会(秋田市旭南一丁目5の6、内藤徹会長)は9日、秋田市外旭川字野村に建設する多機能型障害福祉施設の建築工事を入札し、2億5,960万円(税抜)で中田建設が落札した。また、同日には第2ルンビニ園(秋田市川元小川町1の53)の防水外壁改修工事の入札も行われ、2,080万円(税抜)で中田建設が落札している。外旭川の多機能型障害福祉施設は31年3月20日の予定工期で建設する。

 計画は、重症心身障がい者や医療的ニーズの高い障がい児者が、身近な地域で継続的な支援を受けられる体制を整備するため、主に重症心身障がい児者等(障がい程度区分5・6対象)の受け入れを行う生活介護、放課後等デイサービスを実施する多機能型施設を創設するもの。法人は今回、秋田市の「平成30年度社会福祉施設等整備方針」に基づき、多機能型障害福祉施設(生活介護、放課後等デイサービス)の整備事業者として選定されている。

 建設地は秋田市外旭川字野村20番1地内で、鉄骨造2階建て、延べ床面積922.72㎡(建築面積760.28㎡)で建設。生活介護定員30名、放課後等デイサービス定員5名の施設となる。設計監理は渡辺佐文建築設計事務所。

 秋田聖徳会は、保育園(第一ルンビニ園、第二ルンビニ園、牛島ルンビニ園)などを運営しており、多機能型の施設を建設するのは今回が初となる。Photo【秋田市外旭川字野村の建設地】

                                休刊のお知らせ
 夏季休暇のため14日、15日、16日付けを休刊とさせていただきます。何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
                           *休刊日 8月14日、15日、16日
 なお、業務は13日、14日、15日が休みとなり、16日から業務開始となります。



Top


 27年4月1日以降に公表された各発注機関の発注見通しを掲載しております(最新情報は赤字で表示)。公表から7日を経過致したものは、左記のバナー「発注見通し情報」からご確認いただけます。

新スタジアム整備構想策定・31年1月に報告説明会(8月9日)

=新スタジアム整備構想策定協議会=

調査の委託候補者をパシコンに決定

 新スタジアム整備構想策定協議会(会長:相場哲也秋田商工会議所専務理事)は、新スタジアム整備構想策定に係る調査業務に関し、委託候補者をパシフィックコンサルタンツに決定した。今月中旬または下旬に契約し、9月から調査に着手する見通し。調査は12月までの期間で進め、最終報告書を作成、31年1月には協議会メンバーや専門委員へ調査結果を報告する説明会を行う。

 スタジアム整備は、サッカーJ2ライセンスに対応する新たなスタジアムを建設するもので、29年度には「スタジアム整備のあり方検討委員会」で方向性を検討。今年度は専門事項を調査検討する「専門委員会」を3回開催している。

 今回の業務では、八橋運動公園敷地(秋田市八橋)、秋田大学敷地(秋田市手形学園町)、秋田プライウッド敷地(秋田市川尻町字大川反)の3カ所を対象に各調査を実施。

 具体的には、◇広さ(利用可能な面積、スタジアムと駐車場等の配置案等)◇アクセス(交通手段ごとの来場者予想等)◇駐車場(立地場所、公共交通機関等)◇周辺環境(住宅までの距離・騒音値等)◇利用者(利用する可能性がある者・頻度)◇概算事業費(スタジアム本体、付加機能、その他の施設の建設・維持管理費等)◇民間資本等の活用可能性(事業参画の可能性がある企業の探索等)◇事業収支(開閉式屋根、付加機能、その他の施設の有無ごとの年間事業収支等)◇建設に要する期間(法的手続き、住民への説明等)◇経済効果―について調査するほか、協議会が主体となって調査する内容について、助言や調査支援を行う。

 調査は9月から12月末までの期間で進め、9・10・11月末はそれぞれ調査の状況報告書を、12月末には最終報告書を作成する。31年1月には、協議会のメンバーや専門委員へ調査結果を報告する説明会を行う。

 協議会は最終報告書と、協議会が主体となり調査した報告書を県・市に提出、県・市は提出された報告書をもとに、2月議会でそれぞれ報告する見通し。

 なお、協議会では今後、9月末に作成される状況報告書を受け取った後、調査の進捗状況と協議会主体で行う調査の結果を専門委員に報告するため、第4回専門委員会を10月上旬に開く予定。



                             休刊のお知らせ
 夏季休暇のため14日、15日、16日付けを休刊とさせていただきます。何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
                           *休刊日 8月14日、15日、16日
 なお、業務は13日、14日、15日が休みとなり、16日から業務開始となります。



Top


 27年4月1日以降に公表された各発注機関の発注見通しを掲載しております(最新情報は赤字で表示)。公表から7日を経過致したものは、左記のバナー「発注見通し情報」からご確認いただけます。

  

  • Dbon2_2

イベント・刊行物案内

  • =

  • =

住まいの情報誌 家・DAN

  • 住まいの情報誌「家・DAN」

有料会員様専用

  • 有料データベースログイン



  • 有料データベースログイン

リンク

  • 地方建設専門誌の会

  • 美の国秋田ネットへ


AKKS ツィッター